それぞれの職場で頭を悩ませる問題

職場問題改善委員会

悩んでいることの解決策を知ろう!

(1)看護師に多い人間関係の悩み

職場での人間関係で悩む人は少なくありません。人間関係で問題が生じてしまったり、職場に苦手な人であったりどこか自分にだけ態度の違う先輩がいることで仕事に集中することができないといった悩みを持つ人も少なくありません。特に看護師は職場の人間関係に悩みやすい職種ですので、ここでは看護師に多い人間関係に悩む理由について取り上げます。

(1)看護師に多い人間関係の悩み
LINEで送る

女性が多い職場

人間関係の悩みはどこの職場でも起こりうることですが、医療現場では特に人間関係が難しいという特徴があります。加えて看護師は女性が多い職場ということも悩みやすい理由になります。看護師は95%以上が女性ということもあり、他の職場と比べると圧倒的に割合が偏っています。そのため感情に左右されやすい女性特有の人間関係が生じやすく、陰口を言われてしまったり、根も葉もないうわさ話をながされてしまったりと、人間関係が複雑になってしまいがちです。

命に関わる仕事

そして医療現場は命に直接関わる仕事ということもあり、仕事のミスは患者さんの命に関わるミスであると言えます。そのため命を預かる責任の重さからミスに対する指導は厳しくなる機会が多いです。新人や若手の看護師であれば特にまだ仕事に慣れていないこともあり、上司や先輩から怒られてしまう恐怖を他よりも強く感じてしまいがちです。

看護観の違い

そして看護の現場は働いている人の幅が広いということもあり、年代やライフスタイルまで全く違う看護師と連携して仕事をする必要があります。そのため価値観が合いにくい人と働く機会が多くなりますし、さらに看護の経験も異なる人と働く際には特にそれぞれの看護観の違いに悩みやすいとも言えます。
看護師として患者さんの命を守るという同じ目的を持っていることは間違いありませんが、その方法はじっくりと向き合っていくのか、それとも効率よく全体を回していくのかといった違いは生じます。そのためお互いが持つ看護観を理解できず、相手が何を考えているのかがわからなくなってしまい悩むことも多くあります。

人手不足も原因の一つ

ここまでは看護師という仕事に関する理由でしたが、人手不足が慢性的に続いていることもあり、人が少ないことから不満がたまってしまい人間関係がうまくいかないという理由もあります。ただでさえ大変な仕事であるにも関わらず、人が少ないことで負担がさらにかかってしまうと普段は我慢できることも堪え切れなくなってしまうことがあります。看護師の人間関係で悩みやすい理由には職場環境によるものもあります。

職場の問題に悩むあなたにおすすめの記事